PEラインの常識が変わる!

新技術HI製法で原糸同士の密着度を高める事に成功! 今までのPEラインでは実現できなかったハリやコシ、 そして耐摩耗性の向上や色落ちの軽減を可能にしました。

プロモーションムービー

Other Movie

新技術

HI製法

ヒートインテグレーション製法

原糸には世界的ブランド東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「IZANAS®」を採用。
マイクロピッチブレインデッド加工にて密に編みあげ、
特殊な熱処理を行うことで原糸一本一本を密着。
これにより真円性が高まるとともに、従来PEでは実現できなかったハリやコシが生まれ、
さらには弱点であった耐摩耗性を大幅に向上しています。

拡大図

耐摩耗性大幅UP

角ヤスリ(#800)に対し、鉛45gの負荷で一定速度繰り返し擦りつけ、
1号のラインが破断するまでの回数を計測した結果、従来PEの約2倍の数値を計測。
これにより沈み根やガイドへの擦れだけでなく指かけ部分の毛羽立ち
さらには、繰り返しの使用による色落ちも激減しました。

従来PEとの性能比較 検証風景

真円性の向上

一本一本の原糸が密着しているので、キャスト時の抵抗が軽減し飛距離がUP!
さらにガイドとの摩擦による糸鳴りを抑制。

適度なハリとコシ

ハリがあるのでキャスト時のトラブルが激減。
ジギングでの使用においては、水ギレが良くジグの沈下を妨げずスムーズに落とす事ができ、
ラインの糸抜けによるシャクリ抵抗を極力少なくすることが可能になりました。

感度UP!&操作性大幅UP!

100mに1kgの負荷を加えた伸びは、従来PEの86.3cmに対し、スーパーエックスワイヤーだと44.4cm!
約2倍の伸度減で感度が大幅UP!
ダイレクトな操作感でルアー本来の性能を100%引き出します。

従来PEとの性能比較

SUPER X-WIRE 4/8

好評発売中

SUPER X-WIRE 4 SUPER X-WIRE 8

ブログモニターの声

閉じる
トップへもどる