ニンジャがハードコア
サイレントバイブ70Sを解説!!

センドウタカシがハードコアサイレントバイブ70Sを解説。
固定重心になることでラトルありバージョンとの動きの差が生まれ、
ローテーションが利かせられる。シチュエーションによってラトル音が有効な場所と、
サイレントモデルが有効なポイントなど、いろいろなタイプのポイントが存在する。
カラー、波動、音をうまくローテーションさせることで、さらなる釣果が期待できるだろう!

関連タグ
バス
解説
配信日
2011.8.31 16:21
ページ上部へ