はじめてのチニング! まずは知っておきたいタックル選びのポイント

チヌを対象としたルアーフィッシングであるチニング。興味はあるけれど、どんな道具を揃えれば良いかわからないという方向けに、基本的なタックルの構成と、各道具を選ぶときに知っておきたいポイントをご紹介します。

チニングで用意する道具は?

チニングはごくシンプルな道具で始められます。ロッド、スピニングリール、メインラインにリーダー、そしてプラグ系ルアーかラバージグ、といったところがチニングタックルの基本構成です。

チニングで選びたいタックル

それぞれどのような道具を選べば良いかをみていきましょう。総じて、シーバスよりはライトなタックルになります。

ロッド

7フィート前後の短めなロッドが標準です。チニング専用のロッドが販売されているので、それを使うのが最も確実。竿の手元に近いバットのパワーが強く、竿先は繊細で感度が高く、取り回しやすいロッドが人気です。

リール

2500番前後のスピニングリールがよく使われます。チニングで使用する際に求められるのは丈夫さと軽さ。強烈なヒキに対応できる堅牢性があり、なおかつ軽快に扱えて感度が高いと相反する性能を併せ持つリールが理想です。

ライン

メインラインはPEライン、リーダーはフロロカーボンという組み合わせが基本です。ヒキが強いのでPEラインは0.8号前後を使用しましょう。推奨製品は安定強度の高さに定評のある「デュエルスーパーエックスワイヤー」です。
デュエルスーパーエックスワイヤーの詳しい説明はこちら

また、トップで狙う際は軽く扱いやすいラインが必要です。フロロカーボンとナイロンの性能を兼ね備えたハイブリッドライン「カーボナイロン」が使いやすいでしょう。

ルアー

トップウォーターからボトムを狙うラバージグワームまで、さまざまなタイプのルアーが使用できます。大きく分ければプラグ系とワーム系があり、シーバス用のルアーでも釣れます。以下、レンジ別に使われるルアーを紹介します。

  • 表層を狙うルアー

チヌのトップゲームで使われるルアーにはペンシルベイトやポッパー、サーフェスクランクがあります。ペンシルベイトやサーフェスクランクは広範囲を探るときに、ポッパーはチヌが確実にいるとわかっているときにピンポイントで狙うのに適しています。トップでのチニングはゲーム性が高く、難易度もそれほど高くはないので非常に人気があります。

  • 中層以下を狙うルアー

チヌを中層以下の層で狙うときはミノーなどがよく使われます。デイゲームでやや深い層を探るときなどはこれらのルアーを試してみましょう。

  • ボトムを狙うルアー

ボトム(底)を狙う際には、ラバージグやクランクベイト、バイブレーションなどが使われます。ラバージグはオモリとフックが一体となったジグヘッドに、スカートと呼ばれる細いゴムひもが付いたルアーで、ワームを付けて使用します。ナイトゲームを中心に、ボトムを引きずりながら巻いていくズル引きで簡単に釣れます。クランクベイトやバイブレーションで底をズル引きするパターンも効果的です。初心者はまずここから入門すると良いでしょう。

チニングのタックルはコンパクトで軽量、手軽に始められるのが魅力です。バスタックルやエギングタックルを持っていれば、流用から始めてみることもできます。
きちんとチニングタックルとして揃える際には、まずはチニング専用ロッドと性能の良いスピニングリールを手に入れ、ラインやルアーはいろいろと手に取って試しながらお気に入りのものを見つけていってください。