チニングにおすすめのラインは? 選び方のポイント

チヌ(クロダイ)を狙うルアーフィッシングとして人気の高いチニング。さまざまな釣法があるだけに、どんなラインを選べば良いのか迷ってしまいがちです。ここではチニングにおけるライン選びのポイントと、おすすめのラインをご紹介します。

チニングで要求されるラインの性能とは

チヌはアタリが繊細な魚です。ボトムを引きずりながら巻いていくズル引きで釣る場合などは、チヌのアタリなのか障害物に触れただけなのか判別するのが難しいこともよくあります。

そのためチニングで使用するラインには、伸び率が低く確実にアタリを捉えられる高感度な性能が求められます。またヒキが強いので、同じ細さ(太さ)なら強度の高いラインほど頼りになります。

ただし、チニングはボトムを狙うだけでなく、中層やトップウォーターなどさまざまな水深を各種ルアーで攻める釣法やスタイルがあります。どんな釣り方をするかによっても使用するラインは変わってきます。

ラインの素材ごとのメリット・デメリット

チニングのライン選びでは、素材ごとの特徴を把握した上で、自分の釣り方にマッチするラインを選ぶことが大切です。以下、代表的な3つの素材についてそれぞれのメリットとデメリットをみながら、ラインの選び方を考えてみましょう。

ナイロンライン

適度な伸びと張りを持つナイロンラインはライントラブルが少なく、初心者にも扱いやすいラインです。巻きぐせやヨレが付きにくく、たまに絡まることがあっても解きやすいので深刻な事態になることは多くありません。しなやかさがあるのでロッドのガイドを通るときの抵抗が少なく、そのおかげで遠投性能が高いのも特徴です。また値段も安価です。

デメリットは、伸縮性の高さが感度の悪さに直結する点です。特にチニングではこのことが難点となります。浮力が高いため、ボトムを狙うのにも適していません。

しかし、使いみちがないわけではありません。トップウォーターでチヌを狙う際は、ナイロンは水に浮きやすいので有効なラインとなります。

フロロカーボン

フロロカーボンは耐摩耗性が高く、根ズレなどの外傷に強いラインです。また伸びが少ないため感度が高く、アタリを取りやすのもメリットです。ナイロンラインに比べて比重が重いので水によく沈み、一方、光の屈折率は低いので水中で目立ちません。

デメリットは巻きぐせがつきやすいことです。そのためライントラブルが発生しやすくなります。結束強度がナイロンに比べて高くないのも弱点で、これらの特徴から中級者、上級者向けと言われています。

とは言え岩礁帯や磯場では耐久性があって頼りになるラインで、この点ではボトムを狙うチニングに向いています。

PEライン

ナイロンラインやフロロカーボンと比べて最も引っ張り強度が高いのがPEラインです。強度が高い分、ラインを細くすることができるので遠投性能も高くなります。

伸びはまったくないため、感度が非常に高く、アタリが最も取りやすいラインと言えます。

反面、弱点もいくつかあります。耐摩耗性が低い、波や風の影響を受けやすい、リーダーが必要となるといった点が挙げられます。トラブルも起きやすいので上級者向けのラインです。

総じてPEラインにはメリットもデメリットも多いのですが、上手に製品を選べばチニングにはベストマッチな性能を発揮します。チヌの口は硬いので、伸びが少ないPEラインならフッキング率もアップします。

デュエル製品の中でおすすめを選ぶとすれば、まずハードコアシリーズが挙げられます。コシとハリを与えて扱いやすさを向上させた「ハードコアX4」、強くしなやかな「ハードコアX8」のいずれかを好みに合わせて選んでください。また、耐摩耗性能と真円性をアップして適度なハリとコシを持たせた「スーパーXワイヤー」もチニングに適しています。さらに、ボトムの釣りなら耐摩耗性能と操作性に定評のある「アーマードライン」が使いやすいでしょう。

チニングに使用するラインの素材は、チヌの繊細なアタリを捉えられるPEラインが最有力です。デュエルの「ハードコアX4、X8」、「スーパーXワイヤー」、「アーマードライン」をぜひお試しください。

ハードコアX4の詳しいご紹介はこちら
ハードコアX8の詳しいご紹介はこちら
スーパーXワイヤーの詳しいご紹介はこちら
アーマードラインの詳しいご紹介はこちら