リールのセッティングの基本。ラインの正しい巻き方

リールに新しいライン(糸)をセットするときに正しい巻き方をしておかないと、後々ライントラブルが起こるなど面倒なことになりがちです。どうすればしっかりとセッティングできるのか、ラインの正しい巻き方をご紹介しましょう。

リール(スプール)にラインを巻くときにチェックするポイント

リール(スプール)にラインを巻く前に、まず次の2点をチェックしておきましょう。

ドラグを締めておく

ベイトリールにはハンドルの内側などにドラグ調整ダイヤルがついています。スピニングリールはスプールの上の回せるつまみがドラグです。このドラグをあらかじめやや強めに締めておきましょう。こうすることでラインがスプール全体にいきわたるように正しく巻くことができます。

巻く糸の長さを計算しておく

リールにはサイズごとに巻くことのできるラインの量(ラインキャパシティ)が決まっており、それは大概リールに表記されています。ただし、ラインは太さによってどれくらいの長さが巻けるかが変わってくるので、あらかじめこの長さを計算しておくことが必要です。目安の量よりも短い長さしか巻かないとラインの出が悪くなり、キャスティングに影響するなど思うようなパフォーマンスを発揮することができません。正確な長さが分からないときは少し余裕を持って長いラインを用意しておくと良いでしょう。

ラインをリール(スプール)に巻くときの手順

ラインの巻き方の手順を、動画をもとにご紹介しましょう。注意すべきポイントは次のとおりです。

ロッドにリールをセットして作業する

作業をするときはロッドにリールをセットします。ラインを通すのはリールに最も近いガイドだけでOKです。ガイドからラインを通した後、リールのベールをかえしてから、スプールにラインを結ぶことになります。

結び目をテープで隠す

スプールへのラインの結び方は動画のやり方を参考にしてください。おすすめの結び方は動画にあるとおり、スプールにラインを一周させるようにかけ、輪を作って、輪の中にラインを3~4回通して締める結び方です。ただ、これは自分のできる結び方で結んでしまっても構いません。いずれにしろ、結んだら結び目をテープでしっかりと止めておくことが肝心です。

濡れたタオル(雑巾)でテンションを掛けて巻く

ラインを巻き取っていくときは濡れたタオルか雑巾で軽くラインをつかんで、一定のテンションを掛けながらゆっくりと巻いていきます。タオルはPEラインに塗布してある塗料が付着することがあるので、不要なタオルを使ってください。また、このとき誰かに手伝ってもらうと作業が楽になります。新しいラインがセットされている商品のケース(スプール)に穴が開いているので、その穴に鉛筆などを差し込んで左右の手で持ってもらい、ここでも軽くテンションが掛かるように指をスプールに当てながら巻いていきましょう。

一定のスピードで巻く

あとはリールのハンドルを操作して巻けばOKです。あわてず丁寧に、一定のスピードで巻いていってください。乱暴に巻くとラインが偏って巻かれてしまったり、糸よれの原因になったりするので注意しましょう。
 

動画: ラインの巻き方!
http://www.duel.co.jp/movie/793

ラインの性能を最大限に発揮するためには、正しい巻き方でラインをリールにセットすることが不可欠です。上記の方法を参考に、しっかりと下準備をしましょう。