初心者はまずここから!ナイロンラインのメリットとデメリット

釣りのアイテムの中でも特に悩むのがライン(釣り糸)。ラインには主にナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類がありますが、それぞれどのような特徴がある素材なのかを把握しておくことで、これらのラインを使い分けることができます。そこで、今回はナイロンラインを取り上げ、使用するメリットとデメリットを紹介します。

ナイロンラインとは


ナイロンラインは最も一般的で汎用性の高いラインで、柔らかくしなやかで伸びやすく、初心者でも扱いやすいのが特徴です。ビギナー向けのリールを購入すると、大抵ナイロンラインが巻いてあることからも汎用性の高さがうかがい知れます。とはいえ初心者だけが使っているというわけでもなく、ベテランでも用途によって愛用している人は珍しくありません。

ナイロンラインのメリット

ナイロンラインはいったいどんなところが優れているのでしょう? 使用する上でのメリットを挙げてみましょう。

ライントラブルが少ない

適度な伸びと張りを持つナイロンラインはライントラブルが少ないことで知られています。ヨレなどが起こりづらく、絡まることがあっても柔らかさと弾力性があるので解きやすいので、深刻なトラブルになることはそう多くありません。フロロカーボンやPEラインと比べて扱いやすいと言われる理由の一つです。

価格が安い

価格が安いのも特徴です。中には高級路線の製品もありますが、500mで600円~1,000円程度出せば満足できる性能のナイロンラインを手に入れられるでしょう。

遠投性能が高い

ナイロンラインはしなやかさがあるのでロッドのガイドを通るときに抵抗が少なく、飛距離が出ます。遠投用に摩擦抵抗を下げ、スベリをアップさせた製品もあります。

魚の乗りが良い

伸張性が高いため、魚が針をくわえたときに違和感を覚えにくいのも特徴です。急な引きがあっても衝撃を吸収してくれるので針が外れにくく、魚の乗りが良い=魚を逃さず釣り上げることができます。

ナイロンラインのデメリット

一方、デメリットとして挙げられることはどんなことでしょうか。こちらも見てみましょう。

劣化が早い

吸水性があるため、何度も使用していると比較的早く劣化していきます。また、紫外線に弱いため、このことも劣化を進める大きな原因になります。

摩擦に弱い

摩擦には比較的弱く、海の岩礁帯、湖の葦周りなどラインが擦れるような障害物が多いと切れてしまうことがあります。障害物が少なく、ラインが擦れることがあまりないようなロケーションに向いている釣り糸だと言えるでしょう。

上記以外のデメリットには、魚のアタリの分かりやすさ=「感度」がフロロカーボンと比べると低いことが言えるかもしれません。ナイロン特有の伸びがあるためです。しかし、最近ではナイロンのしなやかさとフロロカーボンの感度の良さや強さを兼ね備えた「カーボンナイロン」という素材も出てきています。どのような製品があるか、ぜひ一度デュエルの製品ページもご覧ください。


製品: CN500™ 500m
http://www.duel.co.jp/products/cn500