ルアーでヒラメ・マゴチを釣るなら! 知っておきたいタックル選びのポイント!

ルアーでヒラメ・マゴチに挑戦してみたいと思ったら、どのような道具を揃えれば良いのでしょうか。はじめてヒラメ・マゴチを釣る場合を想定して、タックル選びのポイントと目安となる予算についてまとめます。

はじめてタックルを揃えるときの予算はどれくらい?

ルアーを使ったサーフフィッシングでヒラメ・マゴチを釣るためには、ロッド、リール、ライン類、ルアーなどの道具が必要です。また、安全のためのライフジャケット、水中に入るときに役立つウェーダーも用意しておきましょう。

予算はざっくりとですが、ロッド、リール、ライン、ルアーを合わせて5万円前後になるでしょう。ライフジャケットとウェーダーはピンキリですが、どちらも5,000円程度から購入できます。

道具別! 選び方のポイント

ここからはロッドとリールとルアーについて、それぞれ選ぶ際のポイントをみてみましょう。

ロッド

ロッドはヒラメ専用のものが販売されています。長さは9フィート~11フィートのものが適しています。適応ルアーは20g~40gのものを選んでください。ロッドの予算は1万円~2万円くらいです。

リール

リールはダイワなら3000番台、シマノなら4000番台がおすすめです。重さは250g~300gを目安に選びましょう。巻取りスピードの早いハイギアタイプのモデルだと使いやすく、便利です。予算は2万円~3万円くらいです。

ルアー

ヒラメ・マゴチを釣るためのルアーにはさまざまなタイプがあります。

まずは飛距離が出て沈むタイプのヘビーシンキングミノー。ミノーは小魚に似せたルアーのことで、サーフから遠くのターゲットにアプローチできるのが強みです。

同じくよく飛び、早く沈むタイプのヘビーシンキングペンシルもヒラメ・マゴチに適しています。
通常のミノーもよく使用されます。また、リールを巻くと小刻みに震えながら動いてヒラメやマゴチにアピールするバイブレーションや、テールにブレードが付いたスピンテールもオススメです。こちらはブレードによるフラッシング効果と波動によって食いつきを誘うタイプです。

他に、鉛で作られたメタルジグ、ジグヘッドにワームをセットしたリグも使われます。

ルアーはいくつか違う種類を用意しておくと、状況に応じた使い分けができます。6個~7個買うとして、予算は合わせて1万円くらいです。

他の道具と兼用はできるか?

初心者のうちは、いきなり専用の道具を揃えるのはハードルが高いと感じるかもしれません。

ロッドはシーバス用のものを活用することができます。ただ、9フィート以上あるのが望ましいので、その点に注意しましょう。ルアーも遠投できるタイプのものであれば、シーバス釣りなどで使用しているもので兼用することができます。

ヒラメ・マゴチを初めて釣るのであれば、最初は手持ちの道具や汎用タイプの道具を使い、物足りなさを感じ始めたら、あとからヒラメ・マゴチ専用品のものを加えていくのも良いでしょう。

お店に行くと、ヒラメ・マゴチ用に多くの道具が売られています。選ぶのに迷ってしまうところですが、しかし基本構成はシンプルです。最低限のものを揃えつつ、試しながら、自身のお気に入りのタックルを見つけていきましょう。