まず揃えるべきは!?バス釣りの基本タックル

タックルとはロッドやリール、ラインや仕掛けなどを含めた魚を釣るための道具一式のことです。ブラックバス釣りを始めるには、どのようなタックルを用意すれば良いのか、今回はバス釣りのための基本タックルについて解説します。

バス釣りの基本タックル

まずはバス釣りに必要とされる基本的なタックルにはどのようなものがあるかを見てみましょう。

ロッド

バス釣り用のロッドは長さ6~7フィートで、硬さはライト~ミディアムのものを選ぶのが基本です。思わぬ大物が混ざったり、狙うポイントが障害物周りだったりするために柔らかいトラウトロッドなどよりは硬めのロッドが適しています。さらに岸釣りでは携帯に便利な2ピース、ボートからの釣りでは強度や感度の良い1ピースを用意するのがおすすめです。また、ロッドには次に挙げるベイトリール用ロッドとスピニングリール用ロッドがあります。

リール

ベイトリールとスピニングリールの2種類がありますが、ロッドの種類とセットで選ぶことになります。サイズもロッドの大きさに合わせます。ベイトリールを使用するセットのことを「ベイトタックル」と呼び、スピニングリールを使用するセットのことを「スピニングタックル」と呼びます。バス釣りのためのタックルには主にこの2種類があることを覚えておいてください。

ライン

ラインはベイトタックルなら8~16lb.ほど、スピニングタックルなら3~8lb.ほどの太さのものを選びます。ラインの太さは釣り場のコンデションや使用するルアーの重さによっても細かく調整します。
関連記事:初心者必見!釣り糸(ライン)の強度と規格

初心者がバスタックルを選ぶコツ

初心者の場合、ベイトタックルとスピニングタックルはどちらを選ぶべきなのでしょうか。結論から言えば、最初は比較的トラブルの少ないスピニングタックルを選んで始めるのが無難です。

ベイトリールは太い糸が巻けて、重いルアーを使えるなどの利点がありますが、キャスティング(ルアーを投げること)時にラインがモジャモジャに絡まってしまうバックラッシュと呼ばれるトラブルが起きやすく、慣れないうちは扱いが大変です。

初心者は、軽いルアーを投げやすく、ライントラブルも少ないスピニングタックルのほうが扱いやすいでしょう。

慣れてきたら試したいタックル選び

ただ、最初のうちはスピニングタックルでスタートするとしても、バス釣りに慣れてきたらぜひベイトタックルにも挑戦してみてください。

特にボートからの釣りや、障害物の下のポイントなどを的確に狙っていきたい場合や、バイトから一気に障害物から引き離したいポイントの場合には、巻きあげ力の強いベイトリールのタックルを使うほうが便利です。
その際はスピニングタックルよりも硬い、ミディアム前後のロッドを選びましょう。バス釣りはこのように、上達するにつれ複数のタックルを用意して、次のレベルの釣りを楽しむことができるのが魅力の一つです。

バスフィッシングは使用するルアー、狙うポイントごとにタックルを調整し、工夫することができる奥の深いゲームです。最初は初心者向けの道具を揃えて釣りに慣れ、徐々にやりたいことに応じて自分のタックルを増やしていってみてください。そのことでバス釣りの楽しさの幅も広がっていくことでしょう。

さらにバス釣りに詳しくなりたい方はこちらの記事もいかがでしょうか?